「弁護士」・「社会保険労務士」が労働に関する相談などを無料でサポートいたします。

社会保険労務士等の相談員がご相談を受け、皆様のニーズに応じて、より高度な相談や個別訪問相談等により対応させていただきます。

お問い合せフォームはこちらから

CASE1個人事業主が人を雇うのは難しい?

CASE1 個人事業主が人を雇うのは難しい? ラーメン店を開業しました。おかげさまでみなさまからご好評をいただき、多忙を極めるようになりました。そこで、パートさんを雇用して、作業効率をあげたいと思ったのですが、なにせ初めてのことなのでわからないことばかり。そこで、仙台市雇用労働相談センターに電話をかけたのです。
相談員の方にこちらの事情を話したところ、社会保険労務士の先生による個別訪問相談を受けることができました。社会保険の手続きや、就業規則、雇用契約書についての説明を受け、新たにパートさんを雇うことができました。
個人事業主が人を雇うのはすごく難しいと思っていたのですが、相談してみたら、とてもスムーズに事が運びました。これからも、ひとりでも多くのお客様においしいラーメンを提供できるよう、従業員一丸となってがんばります。

CASE2高齢者の雇用で、助成金も活用できた!

CASE2 高齢者の雇用で、助成金も活用できた! 昨年、土壌改良剤を開発・販売する会社を立ち上げました。それに伴い、新しい人材を雇用したいと思い、相談に訪れました。
雇用するのであれば、人生経験豊富な高齢者の方がいいと考え、その旨をお伝えしました。すると、高齢者の雇用であれば、助成金を活用することができるとのことで、厚生労働省の制度をご紹介いただきました。また、就業規則や労働条件通知書の作成方法、社会保険についてもしっかりアドバイスをいただくことができました。
相談から2か月後、アドバイスに基づいて進めたところ、高齢者の方を採用することができました。高齢者の雇用の創出という社会的貢献を果たせただけでなく、助成金も活用することができました。
これまでの人生経験と知恵を十分に生かしてくださる高齢者の採用は大成功でした。本当に相談してよかったと思います。

CASE3外国人である私の、力強い味方になってくれた

CASE3 外国人である私の、力強い味方になってくれた 日本で英会話スクールを開業したいと思い、国家戦略特区に指定されている仙台市で特例的に認められた制度であるスタートアップビザ(外国人創業活動促進事業)を取得しました。その後、開校に向け、人材を雇用するにはどうすればいいのかわからず、仙台市を訪ね、仙台市雇用労働センターの窓口を案内してもらいました。特定社会保険労務士と弁護士の先生に相談。雇用契約書の書き方や、労働契約の成立の方法、そのほかにも労働条件の設定・変更、労働・社会・雇用保険など、人を雇用する際に必要なことを教えていただきました。外国人である私にも英語でわかりやすく、親切に対応していただき感謝しています。現在は、英会話スクールも無事に開校し、毎日が忙しくも充実しています。仙台市雇用労働センターで専門家に相談できたことで、私の夢はかないました。